『2015-2016 ATOMIC試乗会INアサマ2000』

2015.3.22|スキー板

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

アサマ2000スキー場のゲレンデ脇にある旅館「ランプの宿 高峰温泉」は、

 

20150212_094808

 

*スキー試乗会と外れますがちょっと珍しい光景だったので

 

☆ 

 

20150212_110352

 

例年はATOMIC と SALOMON は別スキー場別日程で行われていましたが、

 

20150212_110347

20150212_110322

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は同時開催!

 

ATOMICとSALOMONの違いも明確になったので良かったですね♪

 

 

初出場の話題の皆川健太郎のマテリアルをサポートした

 

10

 

『ATOMIC SKI』の試乗会は、

 

FIS SL M 165cm ¥120,000(スキー本体)

117.5-65.5-101.5mm R=12.5m

20150212_110453

 

試乗感:165cm

 

リフトから降りた平踏みの瞬間から、スキーの張りつき感が違った!

 

特別重くもないのに雪面に張り付いた感じでビックリした!!

 

最初の1本目は、SLの挙動にビビりながらトップスピードのミドルターンで、

 

トップからテールまでのエッジの食いつきと安定性、そして瞬発性は、

 

スキー人生、今までに感じたことが無いスキーだった!!

 

これが本当のSLスキーなんだと確信。

 

2本目はカービングショートで滑ってみた。

 

スキーを外に外してもガンガン返ってきた!

 

膝・股関節が壊れる程に脚が動かされる、そしてスキーが動く!

 

スピードの次元が高い状況下では外力を見逃すことなく、パワーとなってターンと切り替えてくれるスキーです!

 

FIS SL 前

AT FIS SL 後ろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで感じたことのない素晴らしいスキーでした!!

 

このスキーがDEMO使用として、今回の技術選手権で皆川健太郎をサポートした!

  

『BLUE STAR SL PRO 165cm』¥120,000(スキー本体)

117.5-65.5-101.5mm R=12.5m

無題

 

 

 皆川健太郎の甲信越予選では、

 

BLUESTAR SX 165では力が発揮できなかったが、

 

FIS使用の『BLUE STAR SL PRO 165cm』では

 

12

 

初出場で最高のパフォーマンスを魅せてくれた。

 

コブ斜面などは強い反発が有るのでキツイですが、

 

整地斜面では必ずサポートしてくれるマテリアルと確信しています。

 

 

REDSTER FIS DOUBLEDECK 3.0 GS M/195cm

98-65-82.9 R>35m

 

AT GS M 195

 

試乗感:195cm

 

195cmなのに軽い乗り味でGSと思えないほどの軽快感を感じるFIS GSスキーです。

 

直滑降からターンに入るとR35mと思えないほど良く曲がり、良く走り、挙動が無いスキーです。

 

中斜面のポールにも入ってみましたが、フルカービングでも大丈夫、

 

OGASAKAと同じぐらい易しいFIS GS スキーです。

 

 

REDSTER FIS DOUBLEDECK 3.0 GS /180cm  ¥110,000(スキー本体)

173=R20(105-65-87)  180=R24(103-65-85)  187=R26(98.5-65-85.5)

 

AT GS 180

 

試乗感:180cm

 

FIS GS/195cmの後に乗ったことで、凄く優しさを感じたスキーです。

 

トップからのターン導入、ターン時の安定性とグリップ性、

 

山周りの巻き込みと仕上げのし易さ、そして切り替えのスムーズさ、

 

反発の挙動がないのでリズム変化もスムーズです。

 

規制のないGS大会や基礎スキーのロングやフリー滑走の状況下で、

 

素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるGSスキーです。

 

 

REDSTER FIS DOUBLEDECK 3.0 XT ¥110,000(スキー本体)

175=R15.5(115-65.5-98)  182=R16.5(116-65.599)

 

XT 182

 

試乗感:182cm

 

3.0 GS /180cm の後に滑走、然程変わりはないだろうと同じタイミング同じスピードでターンに入ると、

 

足元のエッジが外れ、危うく転倒寸前でした(>_<)

 

今までの3本のグリップ力は問題なしでしたが、

 

このDOUBLEDECK 3.0 XT のトーションは少し弱いようで、強く踏み込むとズレると言う特性があります。

 

その後は軽いエッジングと弱い内傾角で滑るとスムーズな気持ち良いターンが出来ました。

 

ウェイトが少ない、脚力を然程使わずに滑れる大回り系スキーです。

 

 

BLUESTAR DOUBLEDECK 3.0 LX ¥103,000(スキー本体)

166(113.5-71-99)=R(15-15.9-16.9)   172(115-71-100.5)=R(15-16.5-17.5)

 

AT LX 166

 

試乗感:166cm

 

FISモデルを乗り続けてくると、フィーリングが全く違います。

 

FIS同様乗ってしまうと、曲がり過ぎて挙動があり上手く乗れません。

 

自重と外力の傾きを利用して楽に滑るスキーです。

 

小回りは、カービング的な滑りよりズラしと捻りをメインとした滑りが合っています。

 

ズラし易いスキーですのでコブの苦手なスキーヤーにお勧めです。

 

LX 166 前

AT LX 166 後ろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロング系とコブ好きなスキーヤー、オールラウンドスキーです。

 

 

BLUESTAR DOUBLEDECK 3.0 SX ¥103,000(スキー本体)

160(124-69-109.5)=R(9-10.5-11.5)  165(125.5-69-111)=R(10-11-12)  170(127-69-112.5)=R(11-11.5-12.5)

 

AT SX 165

 

試乗感:165cm

 

軽快で易しいスキーです。

 

ミドル・ロングではフルカービングで気持ち良く滑ることができます。

 

小回りではトップの軽さが出過ぎて落ち着きが有りません。

 

トップのホールドが足らないので谷周り曲面で落差が取れません。

 

トップロッカーの機能がそうしてる分、クルクル回り過ぎる感じがします。

 

テールも柔らかいので、後ろに乗り過ぎると切り替えでタイミングを失いやすいスキーです。

 

AT SX 165 前

AT SX 165 後ろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FIS SL(BLUE STAR SL PRO 165)と比べると、全く別のブランドの様に感じます。

 

 

技術選手権で戦う状況下では、

 無題

 

BLUE STAR SL PRO 165cmがお勧めです。

 

コブは別アイテムで滑りましょう(^^)/

 

 

試乗は全て私感をストレートに表現していますので、合わないスキーは駄目と評価しないでください。

 

個々の試乗でベストなスキーを探してくださいネ♪

 

 ☆

 

ATOMIC REDSTAR NEW BOOTS ご紹介

 

20150212_134548

FIS 130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20150212_134855

 

 ☆

 

20150322_115603

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。