『2019-20 NEW 期待の小回り系スキーを試乗してきました!』

2019.3.14|スキー板

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

3月6日(水)、ゲレンデ外には降雪の無い軽井沢スキー場にて

今シーズン乗れなかった小回り系スキーを仲間達を誘って試乗してきました。

1)ATOMIC REDSTER S9i PRO ¥117,000(税抜)

試乗:165cm R12.5m(117.5-65.8-102.5mm)

*ミドルとロングで滑ってみると

スキー板の重量感があって凄くしっかりしているスキーですが、

ターンの導入のし易さ、ハイスピードで滑っても安定感と切れグリップ力が半端ない!

ニュートラルを意識したクロスオーバーで切り替えるとスムーズに切り替えられるが、

アンダークロスで切り替えると半端ない返りでスキーが抜ける走る!

*ショートで滑ってみると

スキー全体の硬さの為か撓んでる感じがしないが、

トップがギュンギュン中に入って来るので、捻る操作の量が少なくて済む

返りも早いので少し手強いが、スキーの落下や動きに合わせて体の動きを合わせて縦滑りをすると、

面白いように半円を描けて上手くなったかのような錯覚を覚える

ショート系のスキーS9i PRO/165cmは完璧と言える素晴らしいスキーです。

推奨ビィンディングX16 MODセットの合計金額は¥157,000(税抜)と然程高くないのも嬉しい

対象はテクニカル以上の方

技術選手権出場の方々にお勧めのスキーです。

2)ATOMIC REDSTER S9i + X 12Ti  ¥139,000(税抜)

試乗:165cm R12.7m(118-68-104mm)

*ミドルとロングで滑ってみると

以前のS9iは柔らか過ぎて回り過ぎる為、ロングのターン弧調整が難しかった、

PROと違ってスキーの重厚感の感じなく、スキーのトップを含めて軽い感じがしたが、

トップシートにメタルが搭載されて事で舵取り中でも回り過ぎることなく回転弧の調整も出来た!

PROの後に乗ったので物足り差を感じたが、十分程の安定感とグリップ力で納得できた。

*ショートで滑ってみると、

トップの軽さでスキーを動かし易いし、センターからテールの撓みが感じられ、

丸いターン弧を作りやすいが、トップスピードで縦切れしたカービング小回りをすると

トップが少し叩かれたのが気になったが、

昨シーズンまでの9Siから比べると遥かにクウォリテーは上がっている。

対象は1級以上の方やプライズ受検対応に

技術選手権出場の方々にもお勧めのスキーです。

3)VOLKL RASETIGER SL WC D + rMOTION2 12 ¥143,000(税抜)

試乗:165cm (118-66.5-101mm)

*ロング・ミドルで滑ってみると、

DEMO SLと似ているが全く乗り味がちがう!

ターン中に音はしないし、グリップと切れ走りは申し分なし、ロングからミドルのターン変化にもOK

*ショートで滑ってみると

スキー全体の剛性はあるがバランスが良いのか?

DEMO SLとカービングのショート、ズレの回旋操作を多用した小回りもし易い

勿論、素早い返りで小刻み良いショートターンが可能

多少脚力が必要ですがDEMOからRASEシーンまで対応幅のあるスキーです。

プライズや技術選、SL純競技までお勧めの1本です。

4)SALOMON S/RASE RUSH SL + X12 TL ¥130,000(税抜)

試乗:165cm R:13m(122-68-105mm  )

*ロング・ミドルで滑ってみると

トップの幅が広いのか、少し荒れた雪面はまともに受けてしまいスキーの安定感に欠ける!

また、スキーのキレや走りもイマイチ、なんかまったりした乗り味。

*ショートで滑ってみると

スキーの軽快さを感じ操作性は良かったが、トップから雪面を捉える感じはしないし

テールに乗り込んでトップの巻き込みや走りを期待したが駄目だった!

乗り方が悪いのか、理想が高いのか、なんか上手くマッチングしない、残念な1本だった

6)NORDICA DOBERMANN SLR FTD + XCELL14 FTD 

試乗:165cmR13m(120-69-104mm)

*ロング・ミドルで滑ってみると

スキー全体の剛性がしっかりしていて感じが良い

トップからテールまで全体でグリップしてくれて直進性や安定性は合格点

*ショートで滑ってみると

ん~ん、まったり感が否めない、どっしりしている分軽快さが欠ける

切れ走りを問わなければ、ズレコントロールはかなりし易い

準・指導員検定等に向くスキーでしょうか?!

7)HEAD W.C REBELS I.SL + FF EVO 14 ¥145,000(税抜)

試乗:165cm R:13.5m (124-68-108mm)

*ロング・ミドルで滑ってみると、

ミドルスピードでは気にならなかったがトップスピードでバタバタした!

荒れた雪面にエッジが外れ、舵取りし難かった、

トップとテールが太すぎてちょっと振動を拾ってしまう

トップの幅広の振動がスキー全体に伝わってしまう、昨年は良かったのに残念!

*ショートで滑ってみると

軽快さは感じられたがスキー全体の安定性が無い、トップの挙動が気になる

これも昨年は良かったのに残念!

8)ROSSIGNOL DEMO α Ti LIMITED R22 + SPX 12  ¥145,000(税抜)

試乗:166cm R:13.0m(122-68-104mm  )

*ロング・ミドルで滑ってみると

気温が上げりゲレンデは荒れた状態でも、

両スキーのエッジが独立した感じでグリップし、直進性と安定性が程良く

スムーズな切り替えと走りは合格点だが少し曲がり過ぎるのでターン弧の調整が難しい!

*ショートで滑ってみると

トップの軽さとスキー全体の軽快さと俊敏さで、キュンキュンとスキーが回る走る

スキーを前後に動かすとトップがオートマチックのように入って来るので

重心移動がスムーズに出来、切り替えが凄く楽!

上手くなった気分にさせてくれるスキー、プライズ検定にお勧めの1本です(‘ω’)ノ

9)BLIZZARD FIREBIRD SRC  + XCELL12 DEMO ¥124,000(税抜)

試乗:165cm R:12.5m (121-68-105mm)

*ロング・ミドルで滑ってみると、

フレックスは柔らかいので、荒れたバーンでは足元が捉われてグリップしない!

スキーに体全体が預けられないしターン弧の調整も難しい!

*ショートで滑ってみると

柔らかい分、小回りはし易いがスキーを動かしてはダメ、

荒れた斜面を滑らせて滑る感覚、トップで入りテールで抜け出す前後差も必要

やっぱりセカンドモデルはイマイチですね!

昨年はSRC W.C PISTONだったので良かったに残念でした。

セカンドモデルのショート系は柔らかすぎるのでロングやミドルは、

スキーがまわりすぎるのでターン調整が難しいですね!

反面、ショートターンは柔らかい分操作性は良いように思った、

セカンドモデルは1級前後や準・指導員等に向くかもしれません。

ハイエンドのスキーは、張りがしっかりしている分ロングターンでも安定感があり、

回転弧の調整も出来る、ただ脚力や技術力(テクニカル以上)が必要です。

少しトップやテールが太くなってきていますが、

バーン状況が良い場合はそれも有りですが、

バーン状況が悪くなると、柔らかく太めのスキーが振動を受けすぎて滑りずらくなった!

トップ120mm以上、テール104mm以上は要らないですね!コブも滑りずらくなりますし、

それでも、スキーのクウォリテーは年々上がってきてるのが現状です。

皆さんの目的や思考、個々の滑りに合った上達できるスキーに出会えることを願っています。

試乗感は全て私感によるものです。

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。